hwbot signature
 - お知らせ - 
11/02/09:祝2周年、ありがとうございます。プチ復帰気味です。
     
10/09/13:祝!10万アクセス達成。ありがとうございました。 
10/07/26:9万アクセス達成。ありがとうございました。 
10/05/31:OCGP2010 Core i7&i5 オーバークロックチャレンジ でPiFast空冷最高クロックチャレンジクラス賞獲得。
10/05/16:ぶっかけライブへのご参加ありがとうございました。
     :撃沈したので記事にはしませんが、ライブログはココで。
10/05/01:S田さん、トリプルフットスイッチありがとうございました。無事着弾です。
10/02/06:Windows7杯 自作PCの祭典 で神様賞を頂きました。ありがとうございます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P-55ママン3枚目 +Core i7 860 ぶっかけ (GA-P55-UD6)

P1000354.jpg
【GA-P55-UD6 + Core i7 860 -90℃↓起動OK】

どうも~Cottyです。


Core i5な750では2:10までしかメモリ対比の設定ができないのでメモリのハイクロックの検証が難しいと考えメモリの検証用に860をお借りしました。

conecoで2枚目の戯画板もお借りしたので冷え耐性の検証のついでにぶっかけてみました。(核爆

UD5は撃沈でしたがUD6ではどうだったのでしょうか?


coneco パーツ長者
GA-P55-UD6

今回もconecoのパーツ長者で板を貸して頂きました。
関係者の方々にはいつも良い企画を回して頂き感謝いたします。


今回お借りしたのはGIGABYTEの「GA-P55-UD6」です。
前回お借りしたUD5は正直-50℃でも落ちる冷えっぷりでしたがUD6はどうなのでしょうか?


当方が冷やしの世界に入った頃にはもう採用されていたのですが、戯画な板は基盤の銅箔層に2ozの物をを使用した技術「UltraDurable3」を採用しています。

常温な世界では冷却効果やノイズ対策など効果はあるんだと思います。

しかし極な世界ではそれが冷え性の原因なのではないかと当方は思ってしまうくらい戯画な板は「冷え性」の確率が高いです。

上にも書いたのですが常温ならば安定していて良いMoboだと思うのですが...


ということでアタックの前にとりあえず冷え耐性のテストからスタートです。

万が一と言うこともあるのでいきなりではなく今回も徐々に冷やし始めることにします。

まずは-50℃まで冷やし込んで起動させてみました。
問題なさそうです。
これでUD5のような悩みを抱えなくて済みそうです。

次はドラの温度域70℃前後に下げてみました。
コチラも問題なさそうです。

じゃぁと言うことで-90℃位まで下げてみましたがこの温度域でも問題なく起動してきます。

板の冷えは問題なさそうです。


しかし板は冷えに耐えられても石はどうでしょう?
石の方は起動はするのですがスイートスポットな温度域は-62℃~-65℃前後とドラの温度よりも高そうな感じです。


ん~冷媒がドラで触媒がエタノールならちょうど良さそうな温度ですね。
LN2は高いので次回の追試はそれでやってみたいと思います。


温度域が定まったので本格的にアタック開始です。

設定は水冷検証の物を基準にVcoreを上げていく感じで進めていこうと思います。


最初は「Vcoreは低めでいいだろう」と思って1.55V前後でやっていたのですが、いろいろやっていくうちにどんどん電圧を要求してきます....

ん~。

ホナ1.6V入れてみようかと入れたところ一気に5200MHz付近まで持っていくことに成功。

「お~、いけるじゃん。」

と思ってCPU-ZでVcoreを見てみると....


1.65Vかかっています(´ρ`)

実際にテスターを当てたわけではないのですが1.6Vまではほぼ設定電圧-0.01V~0.02Vくらいで表示していたのですが、1.6Vを超えたとたんに一気に+0.03V~0.04Vに反転します...

しかし入れれば入れるだけクロックは上がっていきます。

ん~借り物だしあまり電圧入れたくないな~と思ったのですが短期決戦で詰めてみることにしました。


結局BIOSで1.64V設定がちょうど良さそうな感じでした。

結果はというと、

860-5258_79.jpg
【Core i7 860 BCLK:239.04*22 5258.79MHz】


5200MHzを大きく超えるバリの取得に成功!


もう少しいこうと思えば逝けたのですが思うのですが、升の剥離が発生。

仕方なく撤収です。


WRDB-860-1.jpg
【WRDB i7 860 2位】


早速WRDB2位にも登録。

登録人数は少ないですが現在2位相当でした。

ん~ちょっと悔しかったですが仕方ないです。

次回のお楽しみにします。


戯画板思った以上に良さそうです。



え?メモリの検証?

もちょいしたらやります(´ρ`)


【今回構成】

OS:Windows7 ULTIMATE 64Bit RC
CPU:intel Core i5 750 、intel Core i7 860
MOTHER:GIGABYTE GA-P55-UD6
MEM:G.SKILL F3-16000CL9D-4GBTD
VGA:Matrox G450-PCI
STORAGE:intel X25-M Mainstream SSDSA2MH080G2C1
POWER: SilverStone ZM1200M

【冷却システム】

Bed:V-TEC ARC BedProfessional Rev.8.0ModelJ40 Thanks for Vigor
CPU Head:V-TEC ARC Pot Rev.17.0 Thanks for Vigor
Chipset Head:STD +Air cooling ULTRA KAZE120 3000rpm 
スポンサーサイト

theme : 自作・改造
genre : コンピュータ

Comment

Secret

OverClockWorks
オーバークロックワークス
カウンター
OLカウンター
現在の閲覧者数:
- 履歴 -

11/02/09
HWBOTのデザインを変更しました。

10/02/06
ブログデザインを変更しました。

10/02/03
Twitterのブログパーツを変更

10/01/25
50,000アクセス達成。

プロフィール

Cotty

Author:Cotty
著者近影
似非OCerのCottyです。
ブログ立上げから1年経過しました。
いかに安く、快適にPCを上位機種に近づけるかと言う事を目標に始めたオーバークロック生活。
気がつけば極冷な日々が続き、月にいくら使ってるんだと言う現状....

更新はよく止まりますが、生存確認はtwitterにて!

OverClockは常に「Try&Error」の連続です。しかも全てが定格外動作であり、全て自己責任です。

twitter
coneco 「PCパーツ長者」
coneco ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。