hwbot signature
 - お知らせ - 
11/02/09:祝2周年、ありがとうございます。プチ復帰気味です。
     
10/09/13:祝!10万アクセス達成。ありがとうございました。 
10/07/26:9万アクセス達成。ありがとうございました。 
10/05/31:OCGP2010 Core i7&i5 オーバークロックチャレンジ でPiFast空冷最高クロックチャレンジクラス賞獲得。
10/05/16:ぶっかけライブへのご参加ありがとうございました。
     :撃沈したので記事にはしませんが、ライブログはココで。
10/05/01:S田さん、トリプルフットスイッチありがとうございました。無事着弾です。
10/02/06:Windows7杯 自作PCの祭典 で神様賞を頂きました。ありがとうございます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lynnfieldがやってきた!

P1000326.jpg
【今回調達した物 GA-P55-UD5 、Core i5 750、G.SKILL F3-16000CL9D-4GBTD】

どうも~、フライング長者のCottyです。(核爆


表題の通り、Lynnfieldことintelの新CPU Core i7とCore i5 及びそれに対応するチップセットP-55が解禁しました。


当方既に海外のフライングにてCPUを捕獲していたので解禁にあわせることができました~。


板はconecoのパーツ長者にて提供してもらったGIGABYTEの板「GA-P55-UD5」です。


初物ですので石は完全なお神籤。

板も戯画ですので過度の期待は禁物です(核爆


【 追記 】

以下 某鈍氏に情報提供して頂きました。

メモリ対比なのですがGIGABYTEの板は2:10までしか設定できないと思っていたのですが、

板ではなくCore i5が2:10までにロックされているようです。

8シリーズでは問題なく2:10以上設定できるようです。

ん~。

8シリーズ必須ですかなぁ....

某鈍氏、情報提供ありがとうございます。

以下、9/8 夜 投稿分

既にconecoに結果を上げていますがここでもチョローっと書いていこうと思います。


情報自体は某大佐殿や某D氏が最速レビューをあげていますので似通ったことが多いとは思いますが一応書きます!


板は最近着弾し、検証を始めたのは実質昨日からです。

触っている感触はX-58な環境とあまり変わらないですね~。
元々 「Nehalem」なアーキテクチャーですので当然かな~とは思います。

違うとすれば既出ですがUnCoreがロックされていてアンコア倍率を変更できないと言うのも仕様のようです。

おかげでいじるところがメッサ少ないです。

というかここがロックされているので
「BCLKを上げるにはアンコアの限界が高い石をお神籤しなければいけない....」

ふざけんなw

って感じです。∈(・ω・)∋



LynnfieldもCPUにメモリコントローラーを内蔵しているのですが、P-55はX-58と違いデュアルチャンネル迄とのこと。

ですがデフォルトのメモリ帯域はDDR3-1066MHzから1333に底上げされている点は武器になるとは思います。

しかし既にX-58でもMBベンダーが独自にDDR-3 2000等の対応を謳っているので単純に言えばマージンはないと考えて良さそうです。



今後「Core i7」は4コア8スレッドのCPUを指し、「Core i5」は4コア4スレッドのCPUを指すそうです。

今後出る予定の「Core i9」は6コア12スレッドととてつもない物が出るようですがLGA1366になるそうなのでP-55には換装できなそうです。


P1000325.jpg
【Core i5 750 Batch:L925B608】

話は戻って当方が捕獲したのは「Core i5」ですので4コア4スレッドなCPUになります。

HT(゚⊿゚)イラネ

と言う方にはコストパフォーマンスも良く、おすすめのCPUだと思います。

デフォルトのクロックは133MHz×20倍で2.66GHzになります。

既出の情報ですがターボブーストONすることによってクロック倍率が変わります。

更にコア数を制限することによって更に倍率が上がるようです。

4コアでは21倍
3コアでも21倍
2コアでは23倍
1コアだと24倍

(i5はTBが+1、+1、+2、+3になるようです。)
「倍率ドン!更に倍!」

と、クイズダービー状態です。(核爆

と、まぁいろいろ書いてきたのですが検証結果です。

coneco 750-01

【Core i5 750 Vcore1.45V BCLK:220.3 *21 4627.2MHz 1.5V BCLK:222.3 *21 4668.7MHz】

まずは水冷検証から。

なんか戯画の大会を思い出しますね~。
クロックもその頃と大差ないと思いますっw

Vcore1.45Vと1.50Vでほとんど差がないのは設定を詰め切れてない証拠だと思います。

実際石を2個試したのですがほぼ同じ結果なのがそれを物語っています;


750-4844_22.jpg

【Core i5 750 LN2 BCLK:230.68 *21 4844.2MHz】

時間がないので水冷検証もそこそこに先週捕獲したLN2の残りでぶっかけてみました。


えぇ、撃沈です。

思った以上に冷えに弱くVcore電圧が入りません。

Vcore1.3V程度ならば-75℃前後まで再起動OKなのですがそれ以上入れるととたんに電圧が入ってくれません。

ほかを抜いても結果は同じようでした。


もうね、-50℃とかありえないっす!

と言うことでさっさと諦めて新たな板を捕獲してきました。(核爆

P1000330.jpg
【eVGA P55 FTW (132-LF-E657-KR)】


さーて今週は更に忙しそうです~ヽ(`Д´)ノ



【今回構成】
OS:Windows7 ULTIMATE 64Bit RC
CPU:intel Core i5 750
MOTHER:GA-P55-UD5
MEM:G.SKILL F3-16000CL9D-4GBTD
VGA:GIGABYTE GV-NX86T512H
STORAGE:intel X25-M Mainstream SSDSA2MH080G2C1
POWER: SilverStone ZM1200M

【冷却システム (水冷)】
Bed:V-TEC ARC BedProfessional Rev.8.0ModelJ40 Thanks for Vigor
CPU Head:Alphacool NexXxoS XP Silver
Radiator    :Black Ice GT Stealth 360×3
Chipset Head:STD +Air cooling ULTRA KAZE120 3000rpm 


スポンサーサイト

theme : 自作・改造
genre : コンピュータ

Comment

Secret

OverClockWorks
オーバークロックワークス
カウンター
OLカウンター
現在の閲覧者数:
- 履歴 -

11/02/09
HWBOTのデザインを変更しました。

10/02/06
ブログデザインを変更しました。

10/02/03
Twitterのブログパーツを変更

10/01/25
50,000アクセス達成。

プロフィール

Cotty

Author:Cotty
著者近影
似非OCerのCottyです。
ブログ立上げから1年経過しました。
いかに安く、快適にPCを上位機種に近づけるかと言う事を目標に始めたオーバークロック生活。
気がつけば極冷な日々が続き、月にいくら使ってるんだと言う現状....

更新はよく止まりますが、生存確認はtwitterにて!

OverClockは常に「Try&Error」の連続です。しかも全てが定格外動作であり、全て自己責任です。

twitter
coneco 「PCパーツ長者」
coneco ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。