hwbot signature
 - お知らせ - 
11/02/09:祝2周年、ありがとうございます。プチ復帰気味です。
     
10/09/13:祝!10万アクセス達成。ありがとうございました。 
10/07/26:9万アクセス達成。ありがとうございました。 
10/05/31:OCGP2010 Core i7&i5 オーバークロックチャレンジ でPiFast空冷最高クロックチャレンジクラス賞獲得。
10/05/16:ぶっかけライブへのご参加ありがとうございました。
     :撃沈したので記事にはしませんが、ライブログはココで。
10/05/01:S田さん、トリプルフットスイッチありがとうございました。無事着弾です。
10/02/06:Windows7杯 自作PCの祭典 で神様賞を頂きました。ありがとうございます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極冷入門用 簡易升 Prototype 1号機

【6/18 追記】

解析ご協力ありがとうございました。
だいたい3割くらいの方がご興味をもたれているようです。
その旨メーカーさんにお伝えしておきます。

せっかくですので本当に良い物を作ってもらいたいですね~(・ω・ )



【以下1/16投稿分】

こんばんは~、Cottyです。

今回はSSありません。あしからず...(・ω・ )
更にこの記事、実は一回ボツっています(爆


今回OCWさんの紹介で某Do氏とともに某有名メーカーさんが制作した極冷用升の試作品を触らせてもらえる機会を用意していただきました。

入門向けの極冷升のテストをするという事でOverClockの世界の中でも狭き門である極冷環境の間口が広がると思い2つ返事で快諾しました。

性能的にはDo氏のブログに書かれている通りi7 975を使用して5Ghzでお絵かきができました。
更に5.3Ghzでπ1Mを完走させる事もでき、試作一号としては上出来だったのではないでしょうか。

但し、試作品につき問題点も多いと思います。

※良い物を作ってほしいと思っていますので少し辛口に書いています。

テスト前日にOCWさんにお邪魔して現物を見させていただきました。
第一印象としては....

まぁ試作品なんだなt

当方TAM氏やvigor氏が製作した匠な升を使用しているので目が肥えています。(´ρ`)

それを見てしまうとどうしても切った貼ったしたようにしか見えず、

「これ冷えるの?w」

と思ってしまいました。

形状的には2種類持ち込んでいただきました。
1つは円柱の底に蓋がしてあって底にバッファ部分がついたような物。
もう1つは四角柱に蓋がついて底にバッファ部がついた物です。

両方とても長く15~16cmくらいあるのでしょうか、手に持ってもとても重く感じます。
試作品という事で今回は全て銅で製作されているとの事です。
ですのでコストも半端なくかかっているらしく量産の際にはもう少しコストを抑えたいとの事も言っておられました。

実際、升の取り付け方法がCPUクーラーメーカーっぽく升本体にステーを取り付けてから、
バックプレートで裏から固定する方法をとっていたようです。

この点をメーカーさんに伺ったところ「コストの関係で専用部品は製作できない」との事。

まぁわかるのですが裏から取り付けるという事は升をひっくり返さないと脱着できないという事で、メンテナンス性は皆無な感じはしました。

ドライアイスを使用する場合升の中に冷媒と触媒を投入しなくてはいけないので板と升が安易に脱着できないという事は致命的な問題と思いました。


そこで当方からの提案として、
1:脱着が容易にできるようにする事
2:コストを下げる為に銅の使用量を減らすと言う事は熱量保持が厳しくなると思うので
  熱量確保の為に底面の厚みを増してほしい。

と2点だけお願いをしました。

脱着の問題はメーカー様ですので考えていただくとして、
一番の問題として現状ん~万円かかるコストの削減は急務だと思うのは当然です。
手っ取り早い解決方法は現状16cmの升の長さを短くカットして銅の使用量を減らせば良いと考えるのも当然だと思います。

現状5Ghzでベンチが完走したのは銅の使用量が多く熱の保持ができていたからだと思います。

しかし実際通常i7環境でドラ冷する場合-68℃キープが普通なのですが-60℃前後しか保持できていませんでした。

それを短く切ると言う事は明らかに熱の保持が難しくなるのが容易に想像できます。

打開策としては底面の容積を上げて、より熱の保持をしやすくする方法が良いのかなと思いました。


と、問題ばかり羅列しましたが上段に書いたとおり入門用試作機の第一号と言う事を加味して冷却性能的にはGOが出せると思います。

あとはコストを抑えつつ性能を維持できるようがんばっていただきたいです。

短期間での開発は苦難の連続だとは思いますが、極冷人口の底上げの為に尽力していただき
より多くの人に良い物を安く提供していただける事を切に願います。


S社様がんばってください!


少し参考になる物おいておきます。(直リンすみません)
KENDONさん
KOOLANCE

あ~こう言うのがほしいと思われた方はお手数ですが拍手をポチっていただけませんか~?
メーカーさんがどれくらいの方が興味があるのか知りたがっていましたので。
参考までに|ω・`)


ご協力ありがとうございました。





スポンサーサイト

theme : 自作・改造
genre : コンピュータ

Comment

Secret

こんばんは~。

KOOLANCEの升は私も発注しています。(笑
興味ある人には手が出しやすい価格ですし。
馴染みの店から問い合わせしてもらいましたが
日本に入ってくるには
まだ時間がかかるみたいな話でした。

しかし・・・
脱着が容易にできないのは問題ですね・・・。
頻繁にメンテナンスが必要なのは
極冷をやっていない私でも容易に想像できますから。

Re: タイトルなし

NABEさん、こんばんは~。
レスはやいですね(・ω・ )

> KOOLANCEの升は私も発注しています。(笑
> 興味ある人には手が出しやすい価格ですし。
> 馴染みの店から問い合わせしてもらいましたが
> 日本に入ってくるには
> まだ時間がかかるみたいな話でした。
>
あぁ...こっち側へ来るのですね(´ρ`)
こちら側へようこそ!

知人もKOOLANCE(スペル間違ってた@x@)の升を輸入で捕獲したんですが
結構時間はかかっていたみたいですね~。
その知人曰くKOOLANCEの升は直径が6cmと少し小さめなので
ドラは少し小さめに砕かないときついと言ってました。

NABEさんもやはり気になるのは価格ですか~。

> しかし・・・
> 脱着が容易にできないのは問題ですね・・・。
> 頻繁にメンテナンスが必要なのは
> 極冷をやっていない私でも容易に想像できますから。
>
そうですね。
第二弾はその点に改良を加えるようなのでそこは良くなっていると思います。

それでは~|ω・`)

>レスはやいですね(・ω・ )

たまたま覗いたタイミングが良かったのかと(笑

>あぁ...こっち側へ来るのですね(´ρ`)
>こちら側へようこそ!

はい、よろしくお願いします!(笑

>その知人曰くKOOLANCEの升は直径が6cmと少し小さめなので
>ドラは少し小さめに砕かないときついと言ってました。

なるほど~小さめなんですね。
砕いたりするのは得意なんで多分大丈夫です。
ドラは水冷でも(急いで水温を下げる時)使ってましたし、扱いも大丈夫だと思います。
自分の環境的にはすぐにLN2も入手できますが
流石にいきなりはアレなんでドラで経験積んでからにします(笑
一番の問題はボトルの価格が・・・orz

>NABEさんもやはり気になるのは価格ですか~

そうですね~・・・やはり取っ掛かり(初期投資)は気になりますね・・・。
極冷構成での升の占める予算的な割合は大きいですし。
確かに有名な匠さんたちの升は見てても「いいな~」と思います。
アチコチ覗いていますと温度の安定度や限界域での使いやすさなど
上手い人たちの賞賛を沢山見ますので本当に良いのだと思います。

しかし私のような初心者の場合、使いこなすまでには結構な時間もお金もかかると思います。
まずは経験が大事だと思いますので
エントリーモデルがあるなら、やはりそこから入ってみたいというのはあります。
KOOLANCEの升は国内代理店通しで2~3万という話ですが
もっと高いようなら匠さんたちの升も十分選択に入ると思います。

まぁこの趣味をしている人なら
気に入らなければすぐに買い換えてしまうような気もしますが(笑

自分は最初まな板は自作して予算を抑えようと思っています。

Re: タイトルなし

NABEさん、おはようございます。

> なるほど~小さめなんですね。
> 砕いたりするのは得意なんで多分大丈夫です。
> ドラは水冷でも(急いで水温を下げる時)使ってましたし、扱いも大丈夫だと思います。
> 自分の環境的にはすぐにLN2も入手できますが
> 流石にいきなりはアレなんでドラで経験積んでからにします(笑
> 一番の問題はボトルの価格が・・・orz
>
なるほど。
経験ありなら問題ないのではないでしょうか。
ドラなら冷媒投入後冷やし込んだら触媒を投入。あとは温度計もいらないですからね~
手軽に楽しめるとは思います。

デュワー瓶は新品で購入すると10Lで10万前後しますから手は出しにくいですね。
ちなみに当方の使っている物はオクで1万前後でした(爆

> そうですね~・・・やはり取っ掛かり(初期投資)は気になりますね・・・。
> 極冷構成での升の占める予算的な割合は大きいですし。
> 確かに有名な匠さんたちの升は見てても「いいな~」と思います。
> アチコチ覗いていますと温度の安定度や限界域での使いやすさなど
> 上手い人たちの賞賛を沢山見ますので本当に良いのだと思います。
> しかし私のような初心者の場合、使いこなすまでには結構な時間もお金もかかると思います。
> まずは経験が大事だと思いますので
> エントリーモデルがあるなら、やはりそこから入ってみたいというのはあります。
> KOOLANCEの升は国内代理店通しで2~3万という話ですが
> もっと高いようなら匠さんたちの升も十分選択に入ると思います。
>
145?なのにこっち入ると2.3万すか。
ボッタもいいとこですね(´ρ`)

慣れというかドラの場合投入したら継ぎ足し以外気にする事はないですので
板の設定に集中できるのはいいです。
温度域が変わると常温域での設定はほぼ通らなくなります。
それの慣れは必要ですかね~。

> まぁこの趣味をしている人なら
> 気に入らなければすぐに買い換えてしまうような気もしますが(笑
>
それは言えてるぅ(・ω・ )

> 自分は最初まな板は自作して予算を抑えようと思っています。
>
鳥居式であればそこらで売ってるまな板で十分だと思います。
スタッドボルトだけ板の下の養生材が挟めるように30mmの長いものに変えれば
OKだと思います。

がんばってください|ω・`)
OverClockWorks
オーバークロックワークス
カウンター
OLカウンター
現在の閲覧者数:
- 履歴 -

11/02/09
HWBOTのデザインを変更しました。

10/02/06
ブログデザインを変更しました。

10/02/03
Twitterのブログパーツを変更

10/01/25
50,000アクセス達成。

プロフィール

Cotty

Author:Cotty
著者近影
似非OCerのCottyです。
ブログ立上げから1年経過しました。
いかに安く、快適にPCを上位機種に近づけるかと言う事を目標に始めたオーバークロック生活。
気がつけば極冷な日々が続き、月にいくら使ってるんだと言う現状....

更新はよく止まりますが、生存確認はtwitterにて!

OverClockは常に「Try&Error」の連続です。しかも全てが定格外動作であり、全て自己責任です。

twitter
coneco 「PCパーツ長者」
coneco ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。