hwbot signature
 - お知らせ - 
11/02/09:祝2周年、ありがとうございます。プチ復帰気味です。
     
10/09/13:祝!10万アクセス達成。ありがとうございました。 
10/07/26:9万アクセス達成。ありがとうございました。 
10/05/31:OCGP2010 Core i7&i5 オーバークロックチャレンジ でPiFast空冷最高クロックチャレンジクラス賞獲得。
10/05/16:ぶっかけライブへのご参加ありがとうございました。
     :撃沈したので記事にはしませんが、ライブログはココで。
10/05/01:S田さん、トリプルフットスイッチありがとうございました。無事着弾です。
10/02/06:Windows7杯 自作PCの祭典 で神様賞を頂きました。ありがとうございます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D-0 冷やしてみました




こんばんは~Cottyです。

ええと、表題の通りCore i7 920のD-0をドラで冷やしてみました。

結論から言うとだいぶ期待はずれです(´ρ`)

2個とも冷やしてみたのですが耐性的には2個ともほぼ一緒でした。
と言うか何かがおかしい...



【Core i7 920 D-0 dry-ice pi-mod 8M 4,850.9Mhz】


【Core i7 920 D-0 dry-ice pi-mod 32M 4,851.2Mhz】

水冷ではあれだけVcoreに電圧をほしがっていたのに冷やしたとたんに電圧を受け付けてくれません。
あとだいぶ冷え性な感じが見受けられました。BIOS読みで-67℃以下に冷やすと立ち上がりません...

挙動が何かに似ている... そう、当方が所持していたC-0のBロットにそっくりです。

限界クロックでπ32Mが焼けたので石の限界ではなさそうです。

なんだかなぁ... C-0の時に感じた限界のに近い感じがします。やはり板ですかなぁ...
新たに捕獲したR2EはBCLKをあげる事に関してははっきり言うと使い物にならない為新たに板を捕獲するしかないかもですね。
と言ってもB-3ステッピングのX58が5月初旬に出ると思うのでこれ以上は追加購入は避けたいところです。

5時間ぶっつづけでやっていたのですが最後はBIOS画面でも落ちる事も多々ありました。
板も死亡寸前かもしれませんねぇ。

【 4/9 追記 】

今朝水冷環境にてもう一度検証してみました。

結果、原因が判明。SSは省きますが(完走したとたんに落ちた@x@)BCLK231.0を達成.... πも16Mを完走。

石が冷え性なのではなく板が冷え性なのを確認しました。(´Д⊂ 

でもって、BIOS画面で落ちていた原因も判明。結露で短絡していたみたいです。「霜くらいじゃだいじょうぶでしょう?w」と高をくくっていたので改めて冷却による結露の怖さを知りました。

と、まぁ石の限界はまだまだ↑そうなので何かいい板があったら捕獲してみたいと思います。


生きててよかったU D 5!


水冷での限界はほぼつかんできたのでちょっとマトメ。

あるだんさんがUncore15倍でも起動する事を確認されたみたいですがうちでは18倍入れないと無理でした。

1:C-0に比べBCLKは上げやすい。
2:BCLK220前後ではVcore1.3V前後でも楽々ポストする。
3:定格~4.2G付近では発熱は抑えられている感じ。(Vcoreを抑えている事も関係していると思う)
4:限界付近ではVcore電圧を1.5V以上要求してくる。その際の発熱もそこそこ低め。
5:CPUスコアが微妙によい。(C-0との比較でπでも多少のスコアが上がっている。)


【今回構成】
OS        :WindowsXP SP3
CPU       :intel Core i7 920 (D-0)
MOTHER    :GIGABYTE GA-EX58-UD5
MEM       :A-DATA AD32133F001GU3K
VGA       :GIGABYTE GV-NX86T512H(ファンレス)
STORAGE   :OCZSSD2-1VTX30G
POWER     : SilverStone ZM1200M

【冷却システム】
Bed       :V-TEC ARC Bed Professional Rev.8.0 Model J40
CPU Head   :V-TEC ARC Pot Rev.17.0(ドライアイス+アセトン)
Chipset Head :STD +Air cooling

【設定】
CPU Clock Ratio : 20x
Intel TurboBoostTech : Enabled
BCLK Frequency : 200~220
PCIE Frequency : Auto or 102
DRAM Timing : 7-7-7-20-1T
System Memory Multiplier(SPD) : 2:8
Load-Line Calibration : Enabled
CPU Vcore : 1.425V(CPU-Z 1.392V)
QPI/Vtt Voltage : Auto~1.425
IOH Core : Auto
ICH Core : Auto
DRAM Voltage : 1.70V




スポンサーサイト

theme : 自作・改造
genre : コンピュータ

Comment

Secret

こんばんは~
当方の水冷環境で試してみましたが
BCLK215から上にはいけませんでした orz
215だったらVcore1.4(cpu-zで1.376)でも
あっけなく起動するんですけどね・・・
もうちょっと粘ってみます

Re: タイトルなし

NABEさん こんばんは~

> 当方の水冷環境で試してみましたが
> BCLK215から上にはいけませんでした orz
> 215だったらVcore1.4(cpu-zで1.376)でも
> あっけなく起動するんですけどね・・・
> もうちょっと粘ってみます
>
何か引っかかってる感じですかなぁ

メモリが1600くらいの物だったらBCLKの6倍にしてみるといいかもしれません。
その際Uncore Frequencyを13倍に設定するといいかもしれません。
220程度でしたらVcore1.4でも問題ないと思います。

あとOS立ち上がってからは何でクロックを上げてますか? ET6だと1Mhz単位でしか上げられないのでSetFSBを使うといいかもしれません。

基本的に当方はCPU-ZとSetFSBとCoreTempとEVEREST くらいしかツールは使っていません。

SetFSBの事がわからなかったらメッセ頂ければお教えしますよ~。

それでは無理をなさらないようにです。それでは~|ω・`)

このサイクルを公開することができますか?

Re: タイトルなし

hhl118 さんはじめまして~。

> このサイクルを公開することができますか?
>
サイクルって何でしょう?メモリのレイテンシのサイクルの事ですかな?


OverClockWorks
オーバークロックワークス
カウンター
OLカウンター
現在の閲覧者数:
- 履歴 -

11/02/09
HWBOTのデザインを変更しました。

10/02/06
ブログデザインを変更しました。

10/02/03
Twitterのブログパーツを変更

10/01/25
50,000アクセス達成。

プロフィール

Cotty

Author:Cotty
著者近影
似非OCerのCottyです。
ブログ立上げから1年経過しました。
いかに安く、快適にPCを上位機種に近づけるかと言う事を目標に始めたオーバークロック生活。
気がつけば極冷な日々が続き、月にいくら使ってるんだと言う現状....

更新はよく止まりますが、生存確認はtwitterにて!

OverClockは常に「Try&Error」の連続です。しかも全てが定格外動作であり、全て自己責任です。

twitter
coneco 「PCパーツ長者」
coneco ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。