hwbot signature
 - お知らせ - 
11/02/09:祝2周年、ありがとうございます。プチ復帰気味です。
     
10/09/13:祝!10万アクセス達成。ありがとうございました。 
10/07/26:9万アクセス達成。ありがとうございました。 
10/05/31:OCGP2010 Core i7&i5 オーバークロックチャレンジ でPiFast空冷最高クロックチャレンジクラス賞獲得。
10/05/16:ぶっかけライブへのご参加ありがとうございました。
     :撃沈したので記事にはしませんが、ライブログはココで。
10/05/01:S田さん、トリプルフットスイッチありがとうございました。無事着弾です。
10/02/06:Windows7杯 自作PCの祭典 で神様賞を頂きました。ありがとうございます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOOC2009 最終調整

こんばんは~。1日で1週間分のカウンターが回ってびっくりしているCottyです。
どこかに晒されたのですかなぁ...


さて本日はGOOC2009決勝大会まで1週間と言うタイミングでの予行練習です。

当日の競技時間が2時間+1時間と言う事で今までの浅い経験から予想して本日は4kgのドライアイスを用意しました。予行演習前に宿題の確認から行ってみました。

一応今回の検証からOCZのSSD Vertexと、A-DATAのメモリを実践投入しました。
メモリについては煮詰めた設定をしていない為実用範囲でテストをしてみました。
Core i7 920の実用範囲のBCLK230*4で920。上積みも見越してMemClock950で7-7-7-18-1Tに設定してMemtestでのみチェックを行いノーエラーを確認しました。(今までのメモリとは別物!と言う事だけは確認したつもりです....)


事前確認を終えて予定時間の20分前から升を冷やしだし2時間後に目覚ましをセットして予行演習スタートです。
水冷でも分かっていた事ですがやはりBCLK230前後で頭打ちです。目視でですが一応BCLK230.7の1Mでπは焼けたのですがSSも撮れずにフリーズ。その後2度と230を見る事はできませんでした。

結局本日はSSを1枚も撮れずに時間切れ。

しかーし今日はラウンド1が終わってからも戦いはまだ続きます。ラウンド2も控えているのでそれの準備です。

競技から競技までの時間はたったの1時間。その間に1時間で-65℃前後まで温度が下がった升をほぼ常温まで持って行くかなくてはなりません。

当方が升を常温に戻す方法として考えていた事は
?升を空にしてドライヤーで暖める。
?ドラのみ取り出して温度を上げてみる。

?の場合最悪升が温度差で割れかねないと言う事。
?の場合時間的に間に合わないかもしれない。

と言う課題があったので本日は時間もある程度融通が効くので?でやってみる事にしました。

まずドラを升から取り出しそのまま電源を入れ続けて升の温度を上げてみました。約25分程度でほぼ常温まで持って行けました。
ベンチ台からマザーの付け替えの時間を考えてもギリギリ間に合いそうなので当日もこの方法でやってみたいと思います。めんどくさがらずにそこまでやっておけばよかった...少し後悔。

結局ラウンド2でも影も踏めずに撃沈しました。しかしムフムな設定のもっと楽なやり方を発見したのでそれだけは収穫でした。(ムフフな設定は今更ですが来週大会終了後に晒してみるかもしれませn)

いあ~4時間ぶっ続けは正直疲れました。当日もこれをギャラリーの前でやると思うとぞっとします。

@もう一回予行演習をやってみたいところではありますが金曜日に休む為今週はもうできそうもないです。あとはぶつけけ本番になりそうです~。

あとは当日一所懸命に頑張ってきたいと思います。

【今回構成】
OS        :WindowsXP SP3
CPU       :intel Core i7 920 (3838B005 裏0223)
MOTHER    :GIGABYTE GA-EX58-EXTREME
MEM       :A-DATA AD32133F001GU3K
VGA       :GIGABYTE GV-NX86T512H(ファンレス)
STORAGE   :OCZSSD2-1VTX30G
POWER     :Seasonic 80PLUS SILVER 750W SS-750EM。

【冷却システム】
Bed       :V-TEC ARC Bed Professional Rev.8.0 Model J40
CPU Head   :V-TEC ARC Pot Rev.17.0(ドライアイス+アセトン)
Chipset Head :STD +Air cooling

【設定】
CPU Clock Ratio : 20x
Intel TurboBoostTech : Enabled
BCLK Frequency : 200~220
PCIE Frequency : Auto
DRAM Timing : 7-7-7-18-1T
System Memory Multiplier(SPD) : 2:8
Load-Line Calibration : Enabled
CPU Vcore : 1.425V
QPI/Vtt Voltage : Auto~1.375
IOH Core : Auto
ICH Core : Auto
DRAM Voltage : 1.70V

スポンサーサイト

theme : 自作・改造
genre : コンピュータ

Comment

Secret

cottyさん、おはようございます。

競技の予行演習ごくろうさまです。
私自身ドライアイスを使った冷却は、数年ぶりで勘が鈍ってますが、ちと気になったので・・・

>?の場合最悪升が温度差で割れかねないと言う事。

銅升割れませんよ。
常温に早く戻したいときは、いきなりお湯の中に放り込んでますw
今まで割れたことないです。

>?の場合時間的に間に合わないかもしれない。

マザー上で冷えた升を常温に持っていくと結露で板を殺す恐れがあります。
マスを常温に持っていくのはマザーからはずしてやる方がお勧めです。
どちらの方法でも、マスはドライヤーで完全に乾かした状態で設置する方が良いと考えます。

地上最強の達人たちが相手ですが、競技頑張ってくださいね。
応援しております。
老人の独り言でし・・・^^;

ではでは

Re: タイトルなし

memesamaこんにちは~。いつもコメントありがとうございます。

> 競技の予行演習ごくろうさまです。
> 私自身ドライアイスを使った冷却は、数年ぶりで勘が鈍ってますが、ちと気になったので・・・
拝見しました~。ご苦労されているみたいで@x@

> >?の場合最悪升が温度差で割れかねないと言う事。
>
> 銅升割れませんよ。
> 常温に早く戻したいときは、いきなりお湯の中に放り込んでますw
> 今まで割れたことないです。
なるほど~割れないんですね!お湯にぶっ込むのは流石に怖いのでドライヤーでやってみます。

> >?の場合時間的に間に合わないかもしれない。
>
> マザー上で冷えた升を常温に持っていくと結露で板を殺す恐れがあります。
> マスを常温に持っていくのはマザーからはずしてやる方がお勧めです。
> どちらの方法でも、マスはドライヤーで完全に乾かした状態で設置する方が良いと考えます。
なるほど~、参考になります!。うちの場合養生をばっちりしているので今までソケット周りくらいしか霜がはっている箇所がなかったのでだいじょうぶかなぁと思っていました。(今回もはずしたときに結露の発生はなかったです。)
しかし、外してやった方が時間の短縮も図れると思いますのでそちらの方法でやってみたいと思います。

> 地上最強の達人たちが相手ですが、競技頑張ってくださいね。
> 応援しております。
> 老人の独り言でし・・・^^;
はい、全力を尽くして頑張ってきたいと思います。予行演習で燃え尽きた感はありますが(核爆

それでは~|ω・`)
OverClockWorks
オーバークロックワークス
カウンター
OLカウンター
現在の閲覧者数:
- 履歴 -

11/02/09
HWBOTのデザインを変更しました。

10/02/06
ブログデザインを変更しました。

10/02/03
Twitterのブログパーツを変更

10/01/25
50,000アクセス達成。

プロフィール

Cotty

Author:Cotty
著者近影
似非OCerのCottyです。
ブログ立上げから1年経過しました。
いかに安く、快適にPCを上位機種に近づけるかと言う事を目標に始めたオーバークロック生活。
気がつけば極冷な日々が続き、月にいくら使ってるんだと言う現状....

更新はよく止まりますが、生存確認はtwitterにて!

OverClockは常に「Try&Error」の連続です。しかも全てが定格外動作であり、全て自己責任です。

twitter
coneco 「PCパーツ長者」
coneco ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。