hwbot signature
 - お知らせ - 
11/02/09:祝2周年、ありがとうございます。プチ復帰気味です。
     
10/09/13:祝!10万アクセス達成。ありがとうございました。 
10/07/26:9万アクセス達成。ありがとうございました。 
10/05/31:OCGP2010 Core i7&i5 オーバークロックチャレンジ でPiFast空冷最高クロックチャレンジクラス賞獲得。
10/05/16:ぶっかけライブへのご参加ありがとうございました。
     :撃沈したので記事にはしませんが、ライブログはココで。
10/05/01:S田さん、トリプルフットスイッチありがとうございました。無事着弾です。
10/02/06:Windows7杯 自作PCの祭典 で神様賞を頂きました。ありがとうございます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エントリー向けなグラボを捕獲してみた。 (Ati RADEON HD5670)

P1000502.jpg
【 新常用PC H57+i5 670+HD5670。 長らく使ってきたSG05Bたんですが、だいぶ煤けてきましt】

どうも~、Cottyです。

最近は多忙でやりたいことはあるのですが、PCと戯れない生活が続いています(´ρ`)
戯画な大会も華麗にスルーし、OC生活と言うよりもUCな環境作りに勤しんでおりまs...

GWにはまとまったお休みが取れそうですので、こんな大会に出てみようかと思います。


ブログにではなくconecoにてintel純正なH57の板で消費電力テストを行ったのですがRADEON HD5770の消費電力が気に入らなかったので、今回更に下のスペックのグラボを捕獲する事にしました。

果たして5670は5770比でどれくらい消費電力が下がるのか?。


今回捕獲したのはmsi製のRADEON HD5670を搭載したグラボ「R5670」です。

【仕様】
GPU:ATI Radeon™ HD 5670
メモリ:GDDR5 SDRAM 1GB
動作クロック:コア775MHz / メモリ4,040MHz
インターフェイス:PCI Express 2.1 x16
API:DirectX11、OpenGL3.2、OpenCL
出力系統:Display Port ×1
     HDMI ×1
     HDCP出力対応デュアルリンクDVI-I
入力系統:なし
外形寸法:幅168×高さ112×厚さ36(mm)

となっています。

RADEON HD5670はRedwoodコアを採用した100㌦クラスのエントリー向けなグラフィックボードです。
当方がこのクラスの製品に手を出すのは久々です。
(最近ゲームをしないので「ここらで良いや」というのが本音...)

写真や詳細はココをご覧ください。


後述しますが付加要素として、オリジナルのソフト「Afterburner」が添付されています。

【外観】
基盤サイズは幅168mmと言う事で、HD5770よりも更に短くなっています。

補助電源コネクタも無く、とてもすっきりした外観です。

基盤やクーラーはMSIオリジナルで、ミルスペックを謳っています。

使用されているコンデンサ、キャパシタ、チョークコイルは確かに上質な物を使用してそうですが、箱やWEBにも記載されていたHi-C CAPは基盤を凝視してみましたが非搭載でした。

2種類あるらしいのでそちらには使用されていたのかもしれませんが現在流通している物は非搭載な物でした。

そこを差し引いてもmsi曰く
「同じ環境温度であれば通常品の2.5倍の寿命を誇る 「ミリタリークラス コンセプト」コンポーネントを採用。 従来モデルに比べ高温度環境下での安定性が20%(MSI調べ)向上しています。」
との事。

過大広告だとしてもこの謳い文句は購買意欲をかき立てますね。

それではいろいろ検証してみようと思います。


【今回構成】
OS:Windows7 Enterprise x64
CPU:intel Core i5 670
MOTHER:intel DH57JG (BOXDH57JG)
MEM:G.Skill F3-16000CL9D-4GBTD (Trident)
VGA:msi R5670、HD5770、On Bored
STORAGE:intel X25-M SSDSA2MH080G2R5
POWER:SilverStone 300W SFX FSP300-60GHS
Optical:Lite-on HOS104-06(検証時は非接続)

構成はH57で検証した環境を引き続き使用。
今回はグラフィックのみ変更しました。


【消費電力検証】
今回はココがメインなので、余所では最後の方に出ている消費電力比較から。

・EIST On、TB On
・光学ドライブは非搭載。
・ストレージは起動用のSSDとDATA用のHDDを使用。
・計測はワットチェッカー目視。
・負荷はOCCTのPowerSupplyを使用。

今回も前回と同じの条件でOCCTを回してみました。

【OCCT】
Clarkdale On bord Idle:35W
Clarkdale On bord OCCT:102W

RADEON HD5770 Idle:55W
RADEON HD5770 OCCT:192W

RADEON HD5670 Idle:55W
RADEON HD5670 OCCT:161W


工エエェェ(´д`)ェェエエ工工

アイドル状態では消費電力変わらずですか...
負荷時には-30W程度削減されています。

5670のダイサイズが11.0×11.0mm、HD5770のダイサイズが11.7×15.2mm。
これだけ面積が削減されているのにもかかわらずこの程度しか下がらないのですか...
あえて言うならAtiはPowerPlayが効いている状態での消費電力削減が非常に優秀だという事でしょうか。

ちょっとがっかりしました|ω・`)

では、msiのツール「Afterburner」を使用してVgpuを下げてみよう!
と思ったのですが、5670はシェダークロックとVgpuを操作できない模様です...
つかえねぇ|ω・`)

過去の経験からココ下げないとコアクロックやメモリクロックを下げても消費電力は下がらないのでこれ以上の削減はできそうもありません(´Д⊂


【ベンチマーク】
DX11対応を謳っていても現状対応したソフトがDirt2くらいしかないので、定番な3D MARK 06と05を回してみました。

H57+670+GMA.jpg
【H57+670+GMA】


H57+670+5770.jpg
【H57+670+RADEON HD5770】


H57+670+5670.jpg
【H57+670+RADEON HD5670】


オンボードなGMAは置いておくとして、5670と5770比で結構な差を付けられてしまっています。
06のスコアが非常に低くなってしまっているのが気になりましたね。

【総評】
非常に残念な結果になってしまいました。
30W程度削減によるトレードオフがここまで性能差が出てしまうとは...
現在の価格差を考えて購入したのですが、こんな事なら最近発売された5550を購入すればよかったでs

5550買ってこようかな...(´ρ`)



気を取り直して、GWまでまだ時間があるので新ケースでちょっとしたmodを考えています。
こちらはまたーり進めてみたいと思います。


スポンサーサイト

theme : 自作・改造
genre : コンピュータ

Comment

Secret

OverClockWorks
オーバークロックワークス
カウンター
OLカウンター
現在の閲覧者数:
- 履歴 -

11/02/09
HWBOTのデザインを変更しました。

10/02/06
ブログデザインを変更しました。

10/02/03
Twitterのブログパーツを変更

10/01/25
50,000アクセス達成。

プロフィール

Cotty

Author:Cotty
著者近影
似非OCerのCottyです。
ブログ立上げから1年経過しました。
いかに安く、快適にPCを上位機種に近づけるかと言う事を目標に始めたオーバークロック生活。
気がつけば極冷な日々が続き、月にいくら使ってるんだと言う現状....

更新はよく止まりますが、生存確認はtwitterにて!

OverClockは常に「Try&Error」の連続です。しかも全てが定格外動作であり、全て自己責任です。

twitter
coneco 「PCパーツ長者」
coneco ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。