hwbot signature
 - お知らせ - 
11/02/09:祝2周年、ありがとうございます。プチ復帰気味です。
     
10/09/13:祝!10万アクセス達成。ありがとうございました。 
10/07/26:9万アクセス達成。ありがとうございました。 
10/05/31:OCGP2010 Core i7&i5 オーバークロックチャレンジ でPiFast空冷最高クロックチャレンジクラス賞獲得。
10/05/16:ぶっかけライブへのご参加ありがとうございました。
     :撃沈したので記事にはしませんが、ライブログはココで。
10/05/01:S田さん、トリプルフットスイッチありがとうございました。無事着弾です。
10/02/06:Windows7杯 自作PCの祭典 で神様賞を頂きました。ありがとうございます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

intel Core i5 670(1) Clarkdale LN2 6.81GHz

どうも~、Cottyです。

すみません追記しようと思ったのですが、あまりに疲れていて記憶にありませn(爆
憶測や記憶のみで書いていることをご了承下さいw


さて今回ぶっかけるのは昨日のBCLK検証で好結果を残した670です。

水冷*9のBCLK検証で自己最高の248MHzを叩き出した子です。

水冷で好結果を出した石がぶっかけたときにどれくらいの挙動を見せるのか楽しみです。


まずは適正温度域の検証からです。
この子のぶっかけは初ですが、660の前例があるので液体を無駄にする覚悟でいきなり突沸させてみる事にしました。

まずは-94℃で起動、問題なさそうです。
そしてそのまま-186℃までまっしぐらですw

と言いましてもいつ落ちるかわからない状況ですのでマウスを常に動かしつつ、カーソルをずっと見続けていました。
しかしいつまでたっても落ちません。
と、温度計の梁は既に-155℃を下回っています。
もう突沸寸前ですのでここからは点滴です。

徐々に温度を落としていき、ついに-186度を確認。
(うちの温度計はLN2を基準にして-186度で適正になるように校正ています。)

2個目の突沸OK石をゲットしました。
2/8の確率ですから結構な確率で取れる予感はしますね。

ですがVcoreは660(2)よりは低めが好きそうです。

その後は水冷検証の設定を踏まえて、660の極設定をアレンジして調整。
しかし立ち上げてみるとなぜか26倍です...
仕方がないのでそのまま特攻しました。

そんな状態でも1回目でBCLK254*26で6600MHzを軽く超えました。

こいつは化け物かw

と言うことで気を取り直してCMOSクリアをして2度目のアタックです。
今回はうまくいきほぼ設定は変えていませんが6700MHzを超えました。

3度目はVcoreを上げたのですが少し高かったのか即落ちでした。
そこで若干落として再アタックした結果...

670-6814_38.jpg
Core i5 670 L935B891 BCLK:252.38*27 6814.38MHz

思った以上に伸びて6.8GHzを超えました。

その後も少しやったのですが温度計のぶれが激しくなったので剥離かなと思ったら剥離でした。
絶対温度が低いので最近剥離率が高くなってきました。
ちょっとグリスの塗り方や-30度前後でグリスが固まるまでの冷やし方などを工夫してみたいと思います。


と言うことでまだまだ様子見です。
設定次第では伸びしろはたっぷりありそうな個体でした。

今日このあと661をぶっかけるので、その結果次第ではもう一度挑戦しようと思います。


ちょっと検証する石が多すぎて1つをじっくり回せていませんね~。
660も670もまだ上があるように思えますので選別が終わったらじっくり煮詰めていこうと思います。

スポンサーサイト

theme : OverClock
genre : コンピュータ

Comment

Secret

OverClockWorks
オーバークロックワークス
カウンター
OLカウンター
現在の閲覧者数:
- 履歴 -

11/02/09
HWBOTのデザインを変更しました。

10/02/06
ブログデザインを変更しました。

10/02/03
Twitterのブログパーツを変更

10/01/25
50,000アクセス達成。

プロフィール

Cotty

Author:Cotty
著者近影
似非OCerのCottyです。
ブログ立上げから1年経過しました。
いかに安く、快適にPCを上位機種に近づけるかと言う事を目標に始めたオーバークロック生活。
気がつけば極冷な日々が続き、月にいくら使ってるんだと言う現状....

更新はよく止まりますが、生存確認はtwitterにて!

OverClockは常に「Try&Error」の連続です。しかも全てが定格外動作であり、全て自己責任です。

twitter
coneco 「PCパーツ長者」
coneco ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。