hwbot signature
 - お知らせ - 
11/02/09:祝2周年、ありがとうございます。プチ復帰気味です。
     
10/09/13:祝!10万アクセス達成。ありがとうございました。 
10/07/26:9万アクセス達成。ありがとうございました。 
10/05/31:OCGP2010 Core i7&i5 オーバークロックチャレンジ でPiFast空冷最高クロックチャレンジクラス賞獲得。
10/05/16:ぶっかけライブへのご参加ありがとうございました。
     :撃沈したので記事にはしませんが、ライブログはココで。
10/05/01:S田さん、トリプルフットスイッチありがとうございました。無事着弾です。
10/02/06:Windows7杯 自作PCの祭典 で神様賞を頂きました。ありがとうございます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Clarkdale 考察 (其の壱)

P1000445.jpg
【現在の所持石群:手前から661、670,540,660、他。手前のたばこは比較用(爆 】

どうも~、Cottyです。

昨日のデモのあと追試をしていたのですが、その件は後々に...


でもって今日は、昨日選別を終えた660を処分して、新たに670と661を捕獲してきました。

早速ですが、ぼちぼち検証を始めます。

(少し追記しました。)


しょっぱなのぶっかけで思った以上の成果を出したのですが、その後がいまいちな結果が続いています。

石が4つあるので次回も時間との戦いが予想されますのでまずは水冷にてBCLK限界を調べてみる事にしました。


【共通設定・環境】
OS:Windows XP 32Bit SP3
MOTHER:EVGA P55 Classified(E659)
MEM:CELL SHOCK SC3222271 DDR3-1600 7-7-7-14 (Micron)
VGA:GIGABYTE GV-N94TOC-1GI
STORAGE:intel X25-M SSDSA2MH080G2R5
POWER:Corsair CMPSU-850HXJP
CPU Head:Alphacool NexXxoS XP Silver
Radiator:Black Ice GT Stealth 360×3
Chipset Head :STD +Air cooling

室温:14℃
水温:3℃

BCLK:230起動
Vcore:1.25V
Vdime:1.7V
HT:off
TB:off
Multipliter:*9

Mem: 4:12 9-9-9-24-1T



まずは2個目の540から。(1個目はどうしt...

540bclk241.jpg
Core i3 540② 35W BCLK:241

えぇ1個目の37Wは撃沈し、既に放出済みです。
今回は35Wを摘んでみました。
230起動も問題なく、240まではスルスル上がります。
しかしそれから先はVttやPCHをを盛ろうが、抜こうが動きません。
限界ではないのでしょうがSS撮れる限界はBCLK:241でした。
石が4個もあるのでとりあえず今回はここまで。



次は前回突沸可、6.5GHz↑を叩き出した660です。

660bclk242.jpg
Core i5 660② 35W BCLK:242

コレも37Wと比較して分かっていた事なのですが水冷では伸びません。
一応230起動は問題なく出来、240まではするする上がります。
しかしBCLK限界的に見ると設定を詰めてきているので前回よりは伸びているのですが、こちらも242から先は伸びません。
こう見ると水冷での検証は当てにならんのか?と思ってしまいます。



次はちょっと思うところがあり捕獲してみた661です。

661bclk243.jpg
Core i5 661① 39W BCLK:243

金曜日にBooooon氏と話していたのですが、
「メモコンがグラフィック側に統合されているのであれば、そちらのコア側が選別されているのでは?」
という疑問から今回捕獲してみました。

結果、上記2種よりは伸びるのは伸びたが、誤差の範囲程度くらいしか差は出ませんでした。

コレがぶっかけたときに化けてくれるのを祈り今回は撤収しました。



最後は冷えに弱いと噂される670の35Wです。
コレも思うところがあり新たに追金して捕獲してみました。

670bclk248.jpg
Core i5 670① 35W BCLK:248

冷えに弱いと噂はされている35Wですが、660と同一週で、末尾も近いので設定次第で何とかなると思い今回捕獲してみました。

これが今回の検証で一番伸びました。
目視ではBCLK:250を達成。

Vttも一番ほしがる個体で、他の個体は完全に頭打ちだったのに対して、まだ伸びしろがあるように感じました。
この個体はVttに盛れば盛っただけ伸びる印象がありましたが、冷却不足なのかSSを撮るには至れませんでした。


ここで伸びてくれるとぶっかけたときの楽しみは増えますがコレばかりはぶっかけてみないと何ともいえませんね。

260*27...7GHzこえますねwww


現在所持している個体はほぼバランスが良くBCLK:240MHz前後の物が固まっています。
これが突沸できそうな温度まで冷やせるのかどうかで決まってしまうので、次に液体を捕獲できるまでおあずけですね~。

今回はメモコンに電圧を入れる実験をしたい為にメモリをMicronの物をチョイスしてみました。
H-57ではグラフィック回りに電圧を入れられるらしいのですが、P55にはその項目はありません。
しかし1.9Vまで入れてみましたが思ったような効果はありませんでした。
冷やすときにもう一度検証してみたいと思います。


「Clarkdale」、結構入れ込んで検証していますが、LN2が無いと記録を狙えないのは痛いですね。

ちょっと常用限界検証でも始めてみますか~。

スポンサーサイト

theme : OverClock
genre : コンピュータ

Comment

Secret

OverClockWorks
オーバークロックワークス
カウンター
OLカウンター
現在の閲覧者数:
- 履歴 -

11/02/09
HWBOTのデザインを変更しました。

10/02/06
ブログデザインを変更しました。

10/02/03
Twitterのブログパーツを変更

10/01/25
50,000アクセス達成。

プロフィール

Cotty

Author:Cotty
著者近影
似非OCerのCottyです。
ブログ立上げから1年経過しました。
いかに安く、快適にPCを上位機種に近づけるかと言う事を目標に始めたオーバークロック生活。
気がつけば極冷な日々が続き、月にいくら使ってるんだと言う現状....

更新はよく止まりますが、生存確認はtwitterにて!

OverClockは常に「Try&Error」の連続です。しかも全てが定格外動作であり、全て自己責任です。

twitter
coneco 「PCパーツ長者」
coneco ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。