hwbot signature
 - お知らせ - 
11/02/09:祝2周年、ありがとうございます。プチ復帰気味です。
     
10/09/13:祝!10万アクセス達成。ありがとうございました。 
10/07/26:9万アクセス達成。ありがとうございました。 
10/05/31:OCGP2010 Core i7&i5 オーバークロックチャレンジ でPiFast空冷最高クロックチャレンジクラス賞獲得。
10/05/16:ぶっかけライブへのご参加ありがとうございました。
     :撃沈したので記事にはしませんが、ライブログはココで。
10/05/01:S田さん、トリプルフットスイッチありがとうございました。無事着弾です。
10/02/06:Windows7杯 自作PCの祭典 で神様賞を頂きました。ありがとうございます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MSI Big Bang-Fuzion Intel Core i5 Clarkdale 6GHz オーバークロックチャレンジ

msi_title.jpg


どうも~、Cottyです。

表題の通りOCWさんでのMSIイベントのお手伝いをさせていただきました。

いつも通り設営関係と極な検証のみお手伝いさせていただきました。


今回は時間的な余裕が全くなかったので全く写真が撮れなかったので写真はありませんw

だれか~、写真下さいw

瀬文茶さん、写真ありがとうございました!

まずは表題の板MSIの「MSI Big Bang-Fuzion」を本当にぶつけ本番でまずいと感じ、たまたまお店にいたBooooon氏と一緒に小一時間触らせていただきました。
味付けが特殊な感じはしたのですが、第一印象としては悪くない板と感じました。

まずはBCLK限界の検証をしてみました。
しかしEVGAの板で通っていた設定を試していたのですが全く通りません。
なんですかね~?。

仕方がないのでVcoreを1.15Vに固定したまま他は全てAutoにすると...
あら不思議、AutoのままでBCLK230を突破。

なんすか?コノ板w

試しにテスターを使って各所にどれくらい盛っているのか調べてみました。
Vcore:1.15V→1.14V
Vtt:1.398V
PCH:1.05V

ほほ~。
思った以上にお勉強している値が出ていました。
やはり肝はVttなようです。

その後も上記設定を踏まえつついろいろ試した結果、BCLK:237付近まで上げる事が可能な事までは確認できました。
CPUクーラーはカブトで室温は適温な事を考えると上々なのではないでしょうか。

うまくいけば石は670でしたので237*27で6.4GHzはいくのでは? と妄想をかき立てますw
Booooon氏、いろいろありがとうございました。


DPP_0158.jpg
                                    Thanks! Photo by Sebuntya
と言う事で当日です。
会場の設営後サイズのS氏が到着。
本日使用する升はサイズさんのほぼ商品化手前のプロトでしたのでコチラもぶつけにならないように表でMSIのイベントを進める裏で検証してみました。

板はイベントで使用している為使えないので胡桃氏が機材を持ち込んでくれましたのでそれで検証してみました。

ハンドリングは胡桃氏に任せ、当方は温度管理をしていました。
コチラの第一印象としては温度管理が若干シビアでやはりドラ向けなのかな~とは感じました。

こちらも時間が無く小一時間の検証後即撤収、デモの段取りに掛かります。

MSIのイベント後、板の回収をしてから養生に取りかかります。
本当に時間との戦いでした(´ρ`)

予定の時間も過ぎてお客様が集まってきていたとの事で、裏で作業をするのをやめて表で養生をする事にしました。
やはり人前でやると緊張しますね~。
何度やっても慣れません。

当日の撮影担当だった瀬文茶氏に

「まわりの視線が熱いですよ!」

と、茶々を入れられながら作業をしていたので撤収後、結露しまくりでしたw

熱い視線にさらされながら養生完了。
暖機運転に入ります。

時間がなかったのですがPrime95で55℃程度まではしっかりと暖機し、グリスをなじませます。
ここをサボるといつものような事になりますw

今日の目標はとりあえず6.0GHz。
今までリテールで回していた感じでは楽勝な気配でしたが当日はライブですのでうまくいくかどうか...


今回は事前に触っていた事もあり当方がハンドリング、温度管理を胡桃氏に任せました。
設定は

Vcore:1.65V
Vtt:1.50V
BCLK:210*27
電圧は6GHz目標でしたので軽めに盛っておきました。



しかし、当然のように初っぱなからこけますw
BCLK:190に変更し、5.1GHz起動。

うまく起動できました。
起動したのでまずはスィートスポットな温度域の確認からです。
当方の石は-165℃でも平気でしたが、この石は-110℃でコールドバグの発生。
もう少し↑の温度が適正なようでした。

温度管理をしていた胡桃氏はLN2はあまり経験がなく苦戦気味でした。
点滴調整が必要だった事を考えると当方がやれば良かったなぁと少し後悔。

温度域が決まってきたのでとりあえずVcoreを1.75Vまで昇圧。
しかしBIOSで1.7V以上入れられないのでどうしようかと話していたら前にいたギャラリーの方が、
「ディップスイッチいぢれば0.1V上がるはずですよ。」
と教えて下さいました。

そうの時の方本当にありがとうございました。m(__)m

事前にもっと調べておけば良かったです。

その後はするするとクロックも上がりとりあえず目標の6.0GHzを達成。
しかしC1Eが効いていたらしく、いきなり26倍に下がってしまった為、写真を撮れなかった方もいたかもしれないのでもう一度チャレンジ。

その後もC1Eを切ったのですが26倍+TBの27倍にはならず26倍で設定を詰める事になりました。
やはりOSはクリーンインストールしないとだめですね;w;

IMG_9188.jpg
                                    Thanks! Photo by Sebuntya

そして、今度こそ6.0GHz達成です。
思った以上に苦戦してしまいました。

ん~。

本当はもう少し上を見たかったのですが時間もなかったのでここで終了。


当日の会場の様子は各所で記事が上がっていますのでそちらでご覧下さい。

AKIBAオーバークロックCafe
AKIBA PCH Hotline
ASCII .jp


まわりではGulftown待ちで本格的に回している方は少ないのですが、思った以上にやりがいがあるので是非触ってほしい石です。

石の値段的に見ても最上位が28kで買えますし、最下位のPentiumは1万円を切る価格で購入できます。
ですのでLynnfieldを触った事がある、持っている方はぜひ挑戦してみて下さい。

MSIの「Big Bang-Fuzion」もおもしろい板だな~とは思いました。
軽い検証で空冷でBCLK:237まで上がる耐性を見ても設定を詰めればもっと上が見られそうな気はしました。

またこういう場があれば挑戦してみたいです。
ご来場された方々ありがとうございました。


スポンサーサイト

theme : 自作・改造
genre : コンピュータ

Comment

Secret

OverClockWorks
オーバークロックワークス
カウンター
OLカウンター
現在の閲覧者数:
- 履歴 -

11/02/09
HWBOTのデザインを変更しました。

10/02/06
ブログデザインを変更しました。

10/02/03
Twitterのブログパーツを変更

10/01/25
50,000アクセス達成。

プロフィール

Cotty

Author:Cotty
著者近影
似非OCerのCottyです。
ブログ立上げから1年経過しました。
いかに安く、快適にPCを上位機種に近づけるかと言う事を目標に始めたオーバークロック生活。
気がつけば極冷な日々が続き、月にいくら使ってるんだと言う現状....

更新はよく止まりますが、生存確認はtwitterにて!

OverClockは常に「Try&Error」の連続です。しかも全てが定格外動作であり、全て自己責任です。

twitter
coneco 「PCパーツ長者」
coneco ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。