hwbot signature
 - お知らせ - 
11/02/09:祝2周年、ありがとうございます。プチ復帰気味です。
     
10/09/13:祝!10万アクセス達成。ありがとうございました。 
10/07/26:9万アクセス達成。ありがとうございました。 
10/05/31:OCGP2010 Core i7&i5 オーバークロックチャレンジ でPiFast空冷最高クロックチャレンジクラス賞獲得。
10/05/16:ぶっかけライブへのご参加ありがとうございました。
     :撃沈したので記事にはしませんが、ライブログはココで。
10/05/01:S田さん、トリプルフットスイッチありがとうございました。無事着弾です。
10/02/06:Windows7杯 自作PCの祭典 で神様賞を頂きました。ありがとうございます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

intel Core i5 660(1) Clarkdale Water 5.2GHz

P1000434.jpg
【こういうSS出すの久々ですね... EVGA E659+i5 660】

どうも~、今回はフライング長者じゃないCottyです。(爆
ちゃんとAKBの店に寄って購入してきましt 

Clarkdaleと同時にH55やH57もローンチされたのですが、グラフィック統合型と言うことで下位モデルの板しか店頭にはなかったのでオーバークロックが得意なお店でEVGAな「P55 Classified E659」を捕獲しました。

今回はとりあえず触り程度で水冷で回してみました。
久々のXPでしたのでOSのインストールに1時間以上かかってしまいました。

P55ですのでグラフィック関連の事は一切書いていません!
ご了承下さい。

P1000432.jpg

今回捕獲したのは、
Core i5 660 *2 (35Wと、37W)
EVGA P55 Classified E659
EVGA EVBot
です。

先週処分した機材ではまったく足りなかったのでだいぶ足し前しました。。・゚・(ノД`)・゚・。

さて本日ローンチされたClarkdaleですが、前評判では製造プロセスが45nmから32nmにシュリンクされているのでOC耐性に優れているCPUだと言うことですが本当に凄いのかその実力を見せてもらいましょう。


OC耐性に優れているといっても本来はモデルナンバーからもわかる通り2コアの4スレッドのコアとグラフィックコアをパッケージにオンダイで乗せたエントリー向けな石です。

一応アーキテクチャーはNehalemなのですがBloomfieldやLynnfieldとは違いグラフィックコアにメモリーコントローラーを内蔵している為、今までとはOCの勝手が違うと想像していました。

しかしふたを開けてみたら設定項目がほぼ一緒と言うこともあっさりしたもんでした。

【今回構成】
OS:Windows XP 32Bit SP3
CPU:intel Core i5 660
MOTHER:EVGA P55 Classified(E659)
MEM:SanMax SMD-6G88NP-16F(HYPER)-T
VGA:GIGABYTE GV-N94TOC-1GI
STORAGE:intel X25-M SSDSA2MH080G2R5
POWER:Corsair CMPSU-850HXJP
CPU Head:Alphacool NexXxoS XP Silver
Radiator:Black Ice GT Stealth 360×3
Chipset Head :STD +Air cooling

【設定】
CPU Vcore:1.65V→1.675V
CPU VTT:1.575V
MCH:1.2V
CPU PLL:1.84V
HT:on
TB:on

もちろんグラフィックはDisabledです!

HTはONにしてもOFFにしても限界は変わらない感じでした。
更なる極みを見る場合はOFFで逝こうと思います。

久々のXPインストールに戸惑いましたが回し始めてからはスムーズに回すことができました。
しかしこの石、要求電圧が高すぎます。
水冷でVcore 1.65Vを要求してきます(´ρ`)。

1個目の石の特性かと思ったら2個目も同じ傾向のようです。
もっと盛れば伸びそうな気配がしましたが今日は怖いのでやめておきました。

ということで早速π焼き限界検証です。

660_1M_5122.jpg
【SuperPI mod1.5 1M Core i5 660 L937B895 BCLK:197.0 *26 5122.8MHz】

660_8M_5083.jpg
【SuperPI mod1.5 8MCore i5 660 L937B895 BCLK:195.5 *26 5083.5MHz】

πレベルではこんなところでしょうか。
1Mと8Mの差がないので設定を詰め切れていませんね~。
次回以降の課題ですね。

でもってハイクロックはというと、

cpu-5239.jpg
【Core i5 660 L937B895 BCLK:201.5 *26 5239.2MHz】

まぁ予想の範囲内ですね。
上にも書きましたがこれ以上は更なる電圧を要求してきそうなので即撤収しました。


元々のクロック自体は3.33GHzと高いのですが噂に違わぬOC耐性が高い事は間違いないですね。
32nmにプロセスシュリンクされた恩恵を受けていると思います。

2個捕獲したのですが2個とも同じような耐性でした。
今回は軽めの検証でしたが次回はLN2で攻めてみようと思います。
(おゼゼがないのでドラに逃げるかもしれません...)

長くサボってきましたが

極冷戦線へ復帰です!(多分...w

EVBotの事はまだつかみ切れていないので明日以降に書きます~。


【ちょっと追記】
情報を整理すると、やはりVcoreへの入力電圧が足りなそうです。

OCWRDBを見るとLN2冷却でですが2.00V近く、もしくは以上入れてる方までいらっしゃいます。

多分、空水冷でももっと電圧は入るのでしょうが怖すぎて入れられませんね~。
というか電圧ぶち込めばいいだけのような石は面白みはないですね。
この石のアーキテクチャーは本当にNehalemなのでしょうか?w

スポンサーサイト

theme : OverClock
genre : コンピュータ

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

LGA1156のGPUを内蔵したCPU Clarkdaleが発売開始

LGA1156では初のデュアルコアでGPUを内蔵したClarkdaleが発売開始...

Comment

Secret

OverClockWorks
オーバークロックワークス
カウンター
OLカウンター
現在の閲覧者数:
- 履歴 -

11/02/09
HWBOTのデザインを変更しました。

10/02/06
ブログデザインを変更しました。

10/02/03
Twitterのブログパーツを変更

10/01/25
50,000アクセス達成。

プロフィール

Cotty

Author:Cotty
著者近影
似非OCerのCottyです。
ブログ立上げから1年経過しました。
いかに安く、快適にPCを上位機種に近づけるかと言う事を目標に始めたオーバークロック生活。
気がつけば極冷な日々が続き、月にいくら使ってるんだと言う現状....

更新はよく止まりますが、生存確認はtwitterにて!

OverClockは常に「Try&Error」の連続です。しかも全てが定格外動作であり、全て自己責任です。

twitter
coneco 「PCパーツ長者」
coneco ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。